古典園芸植物 細辛の世界

四代続けて細辛の栽培、品種作出をやっています。細辛の未来を危惧して、途絶えさせないためにも品種の紹介や栽培方法の情報放出をしていこうと思います。

宝錦(たからにしき) Takaranishiki



登録年:明治31年(おそらく。それ以前の銘鑑で追跡不可能)

葉形:楕円形、葉全体が下方へ反る

葉肉の厚い毛葉

葉色:深緑

斑芸:亀甲(地色・深緑)、霰斑(深川鼠色)、胡麻斑(深川鼠色)、砂子斑(深川鼠色)、切り斑(深川鼠色)、流れ斑(深川鼠色)

特記:各種の斑が葉脈を避けて全面を覆うため、地色の紺亀甲が浮かぶが非常に見にくい

霰斑・胡麻斑が切り斑・流れ斑となる

葉先周りを中心に斑が荒くなる

襟合せ:深い